動物たちの写真

新着の写真

このページでは新着の写真20件をメドに入れ替えます。
※上のメニューで「PCレイアウト」にすると、種類別の「サブメニュー」が右サイドに表示されます。

エゾリス

前を歩く女性がカワセミスポットを通り過ぎた辺りで、エゾリスが真駒内川緑道をちょろっと横切って行き立ち止まった。そして、こちらを窺う様子を見せた後、向きを変えて走り、直ぐ近くの木に登って行った。 ※2021‎/9/19 H1 1/1000 4.0 640 1670mm相当 PF300/F4.0X1.5 トリミング

ここで一旦、見失ったが、待っていると木から降りてきた。そして、今度は草むらの方に走り去った。先日、Hさんは引っ越し中のエゾリスを撮っているが、その家族? ※2021‎/9/19 H1 1/1000 4.0 1250 956mm相当 PF300/F4.0X1.5 トリミング

エゾリス

出た時は晴れていたが、その後、断続的に小雨が降った。こんな時でも会うならHさんだと思っていたら、その通りになった。そんな中、元気に動き回っているのがいた。 ※2021‎/9/18 V3 1/100 7.1 800 626mm相当 18-400/F6.3X2.7 トリミング

ここはよく見かける所のひとつだが2匹いた。どちらもピリッとしない写真なので、次は止めよう。この後、緑道を通りラルズへ。そして1時頃には青空が出ていた。 ※2021‎/9/18 V3 1/100 5.6 800 539mm相当 18-400/F6.3X2.7 トリミング

エゾリス

ヤマセミを撮った後はそのまま数名で園内パトロールへ。すると先日と同じ場所にエゾリスがいた。このあと白樺林の見にくい所でコツコツのオオアカゲラでおしまい。 ※2021‎/9/15 H1 1/250 4.0 1600 750mm相当 PF300/F4.0X1.5 トリミング

ヤマセミ

緑道にいた大勢の中に手招きをする人がいたので、少し急いで歩いた。そこに着くとヤマセミの存在を知らされたが、認識するのにかなりの時間を要した。また、この一団の中にFujifilmのX-T4を使っている女性がいたが、こんな場面では初めて見た。 ※2021‎/9/15 H1 1/250 4.0 1000 1883mm相当 PF300/F4.0X1.5 トリミング

エゾリス

きょうのエゾリスはいつもと違い、明るくて広い野原を縦横無尽に走り回り、これからの食料となるクルミを土の中に埋めていた。時間にして20分程もの間、その光景を撮影しながら見ていたが、その走りっぷりたるや軽快そのものであった。

※2021‎/9/12 H1 1/1000 4.0 800 741mm相当 PF300/F4.0X1.5 トリミング

アオサギ

歩好会で行った豊平川ウォーターガーデン(21年は営業なし)近くの橋を渡っているとき、アオサギが山鼻川の縁にいた。そして、川の中へと歩き、捉えたのは体格に合わない小魚であった。この後、また川縁に戻って行った所で、今日の撮影はここ迄。 ※2021‎/9/10 H1 1/2000 4.0 1000 882mm相当 PF300/F4.0X1.5 トリミング

アカゲラ

平日の公園内は閑散としていた。これにつられてか鳥も少なし。遠くにいた黒っぽいのを撮ったらコサメビタキであった。そんな中、緑道に入る手前にアカゲラがいた。 ※2021‎/9/9 H1 1/250 4.0 2000 988mm相当 PF300/F4.0X1.5 トリミング

エゾリス

きょうは公園内で、エゾリスを2度見た。これは後の方だが、どちらもクルミを咥えていた。この当たりから、クルミを食したり、貯蔵したりが始まる。 ※2021‎/9/7 H1 1/500 4.0 4000 1370mm相当 PF300/F4.0X1.5 トリミング

このあと、後方の草むらに向かって走ったので、追っかけた。連写でたくさん撮ったが、その中で程度の良いのを2枚選択した。
※2021‎/9/7 H1 1/500 4.0 3200 863mm相当 PF300/F4.0X1.5 トリミング

シジュウカラ

今日は緑道から公園に入った所に、暫しいた。前半は野鳥の撮影。そして後半はSさん・Nさん・Tさんとの情報交換。更にTさんの娘による柔軟性実技もあった。 ※2021‎/9/6 H1 1/250 4.0 400 1478mm相当 PF300/F4.0X1.5 トリミング

そのあとアイスアリーナの方まで足を延ばしてみたが、収穫は人工物の所にいたコサメビタキだけ。次のターゲットはクマゲラの幼鳥だが、これは難しい。 ※2021‎/9/6 H1 1/500 4.0 2000 711mm相当 PF300/F4.0X1.5 トリミング

シジュウカラ

シジュウカラのトレードマークであるネクタイが未だ成長しきっていないが、形からしてメスであろう。また頭のまだら模様が、全て黒くなって成鳥となる。 ※2021‎/9/5 H1 1/500 4.0 640 716mm相当 PF300/F4.0X1.5 トリミング

ハシブトガラス

いま我がメール上では「月の輪カラス」が話題に上っている。きょう緑道に入るとカラスがいたので、首の回りを見たら、何とその「月の輪」が2羽もいた。このカラスは「蝶ネクタイカラス」とも言われているようだが、その内、人気がでるかも。 ※2021‎/9/3 H1 1/1000 6.3 400 450mm相当 PF300/F4.0X1.5 ノートリ

コサメビタキ

きのう撮ったシマエナガの辺りをウロウロするも、それらしき姿は見えず。代わりに黒っぽいコサメビタキが撮れた。まだら模様で判断すると、成鳥まぢかと言う所か。 ※2021‎/9/2 H1 1/2000 4.0 1600 1874mm相当 PF300/F4.0X1.5 トリミング

ヤマガラ

真駒内川緑道に入るなり甲高い「ビィー、ビィー、ビィー」と言う声が。見るとヤマガラであった。後ずさりながら近くから撮ったので、背景が大きくボケた。 ※2021‎/9/1 H1 1/1000 4.0 1250 577mm相当 PF300/F4.0X1.5 トリミング

シマエナガ

今日はカワセミスポットに着くのが少し遅かったようだ。それは10時半頃に撮った女性がいたからだ。だが半面、その後Kさんからシマエナガ情報を得る事ができた。 ※2021‎/9/1 H1 1/2000 4.0 2500 1018mm相当 PF300/F4.0X1.5 トリミング

と言う訳で、いつもの園内パトロールを止め、シマエナガがいたと言う場所に行き、他の鳥を撮ったりしていた。そうしている内にシマエナガを発見! ※2021‎/9/1 H1 1/2000 4.0 1000 1530mm相当 PF300/F4.0X1.5 トリミング

エゾリス

公園パトロール中、少し暗い林の中を見ると、エゾリスが木を上っていた。直ぐに見失ったので、下りてくるのを待った。きょう見た野鳥はガラ系とハクセキレイ位。 ※2021‎/8/31 H1 1/125 4.0 2500 586mm相当 PF300/F4.0X1.5 トリミング

ヒガラ

ヒガラの撮影中に歩好会のOさんに声をかけられたのが、今日のトピック。ここでヒガラばかりを随分撮ったが、他では何も撮れず。いま公園内では鳥の声が殆どしない。 ※2021‎/8/30 H1 1/2000 4.0 5000 1090mm相当 PF300/F4.0X1.5 トリミング

エゾリス

柏丘への坂道を歩いていると、カサッと言う音がしたので、その方向を見たらエゾリスであった。歩いている後を慎重に追いかけると、倒木の上で一旦止まった。 ※2021‎/8/28 H1 1/2000 4.0 3200 537mm相当 PF300/F4.0X1.5 トリミング

ヒガラ

公園内をパトロール中、私を呼ぶ黄色い声がした。いつもならSさんだが、今日は久し振りにNさんとTさん母娘であった。3人と別れた後、カワセミスポットに行くと、何とオオアカゲラが水浴びをしていたが、遠いのと暗さでアップ水準に至らず。 ※2021‎/8/27 H1 1/2000 6.7 5000 893mm相当 PF300/F4.0X1.7X1.5 トリ

カワセミ

緑橋付近で会ったHさんと豊平川の土手を歩いていると、カワセミが下流から飛んで来て、はるか遠くの石の上に止まった。ここで何か様子を窺っていると、直ぐに後ろ向きに飛んで行った。公園に入って暫く経つと小雨に遭い円形トイレで雨宿り。 ※2021‎/8/26 H1 1/2000 6.7 1250 3028mm相当 PF300/F4.0X1.7X1.5 トリ

ヤマガラ

きょうは上町のスーパーに行く関係で、アイスアリーナを通った。このヤマガラはその向かいで撮ったのだが、何ともユーモラスな顔立ちに、じっと見入ってしまった。 ※2021‎/8/23 H1 1/2000 6.7 6400 1075mm相当 PF300/F4.0X1.7X1.5 トリ

スポンサードリンク

関西の貸別荘 すずめのおやど

京都近郊の貸別荘すすめのおやど




小中時の同級生が経営




画像関係の記事



スポンサードリンク



真駒内公園のフクロウ

2019年1月19日

2019年1月16日

2018年3月14日





旭山動物園のフクロウ

2014年10月26日

↑ トップ

 ホーム