動物たちの写真

はじめに

本命としている野鳥の写真は未だほんの少しだが、最近の動物園ものと合わせて、動物写真のブログを立ち上げた。今のところ、野鳥は真駒内川周辺だけだが、腕が上がったら、道東方面も視野に入れているが果たしてどうなるか。
また、札幌市南区豊滝にある「ノースサファリサッポロ」にも行ってみたい。そう言えば「八剣山ワイナリー」に行ったとき、豊滝小学校前バス停の近くで、お客と間違えられて、声をかけられた事があった。

野鳥

キジバト

真駒内川のヤマセミ撮影スポットに行く途中、架線上に止まっていた鳥を発見。早速、バッグよりカメラを出し、ズームレンズ最大の600mm相当で撮った。このとき、急に雨がポツポツと降り出した。 ※2018‎/‎8/14撮影、DMC-GX7MK2、1/250 秒 f/5.6 600mm相当 ISO400

野鳥ビギナーズに取って困るのは鳥の名前が分からないこと。こんな時は真駒内川周辺で撮った人のブログで調べる事が多い。 ※2018‎/‎8/14撮影、DMC-GX7MK2、1/250 秒 f/5.6 600mm相当 ISO400


オオセグロカモメ

そのまま真駒内川に沿って歩いて行くと、双眼鏡で川の方を見ている人がいたので、その方向に目をやると白い鳥を発見。取り敢えず、静止で撮っておいて、飛び立つ瞬間を狙ったが、間に合わなかった。 ※2018‎/‎8/14撮影、DMC-GX7MK2、1/250 秒 f/5.6 600mm相当 ISO400

カワガラス

気持ちはヤマセミだが、カメラマンが居ないと言うことはダメマーク。川の岸辺を見ると、何やら黒っぽい鳥が見えたので、取り敢えず撮っておいた。 ※2018‎/‎8/20撮影、DMC-GX7MK2、1/200 秒 f/5.6 600mm相当 ISO1600


ヤマセミ

いつもの撮影スポットに行ってみたら、もう、10人近くのカメラマンが何やら野鳥を狙っていた。こちらは全然、見えないので、困っていたら、その中の一人がいま撮った写真を見せてくれた。これで、大体の場所が分かったので、何枚か撮ったら、ヤマセミが写っていた。
ヤマセミと分かる程度にトリミングしたら、次の写真となった。ここで、画像をクリックして出るのは元のサイズだが、これではとても小さくて、見えやしない。何か対策を考えないと。双眼鏡でも買おうかしら。 ※2019‎/1/4撮影、DMC-GX7MK2、1/500 秒 f/5.6 200mm相当 ISO200

札幌市円山動物園

動物園なら、確実に撮れるので、久し振りに円山動物園に行ってみた。冬は流石に歩いて行く元気がなく東西線円山公園駅からバスで行った

アムールトラ

「寒帯館」のアムールトラだが、檻の中をゆっくりと、威厳を持って闊歩していた。足下を見ると、正しく、ネコ科であることが分かる。
ここで、「今更、動物園でもないのですが‥」と言う名古屋から来た女性と二言三言話したが、このあと、スムーズに帰ることが出来たのだろうか。 ※2019‎/1/5撮影、DMC-GX7MK2、1/400 秒 f/5.6 200mm相当 ISO200
円山動物園での解説ページへ


シセンレッサーパンダ

以前、レッサーパンダを撮ったときは動きに負けて、良く撮れなかった。今回の機種はオートフォーカスの動作が機敏なので、捉えたかに見えたが、ピントが少し甘い。 ※2019‎/1/5撮影、DMC-GX7MK2、1/320 秒 f/7.1 200mm相当 ISO200
円山動物園での解説ページへ


ニホンザル

「続 ざんねんな いきもの辞典」によると、「ニホンザル界ででモテるには、整った顔などはまったく必要なく、顔やおしりがどれだけ赤いかが大切なのです。」とのこと。赤いのは元気な証拠。つまり生命力の証だからだ。そんなので赤い顔を探して写したつもりだが、果たしてどうかな? ※2019‎/1/5撮影、DMC-GX7MK2、1/320 秒 f/7.1 200mm相当 ISO200
円山動物園での解説ページへ


シロフクロウ

ここからは金網対策が必要だ。先ずレンズは開放にし、金網に出来るだけ近づいて撮った。フクロウの全身が入る程度(f/5.6 228mm相当)だと、右側に金網のボケたのが写った。 ※2019‎/1/5撮影、DMC-GX7MK2、1/400 秒 f/5.6 228mm相当 ISO200

しかし、望遠最大の600mm相当だと、金網の存在は分からない。 ※2019‎/1/5撮影、DMC-GX7MK2、1/640 秒 f/5.6 600mm相当 ISO200

円山動物園の説明によると、「メスはオスより黒ずんでいて、暗色の斑点があり、完全に白くなることはありません。」とあるから、これはメスかな。
円山動物園での解説ページへ


トビ

シロフクロウのお隣にトビが居た。檻のズッと上に止まっているので、見上げるようにしか撮れない。タカ科と言うだけあって精悍な顔立ちである。 ※2019‎/1/5撮影、DMC-GX7MK2、1/640 秒 f/5.4 528mm相当 ISO200
円山動物園での解説ページへ

トビのフリーフライト動画

約10年前に撮った動画だが、いまも、トビやフクロウでやっているようだ。今度はフクロウで撮ってみたい。

※札幌市円山動物園の野外ステージ 2008/11/12 Canon PowerShot A700

スポンサードリンク

関西の貸別荘 すずめのおやど

京都近郊の貸別荘すすめのおやど

小中時の同級生が経営




画像関係のページ



スポンサードリンク



真駒内公園のフクロウ

2018年3月14日





旭山動物園のフクロウ

2014年10月26日

↑ トップ

 ホーム