動物たちの写真

野生動物の写真

新着の写真

エゾリス

その桜山をウオーキング中、リスだっ!、という声がしたが、咄嗟にその場所が分からない。ようやく見つけ、とにかく連写したら、ペアーのエゾリスが写っていた。 ※2019‎/11/10 GX7MK3 1/800 5.6 400 570mm相当 100-300 EX1.4 ノートリ

エゾシカ

この日の宿泊所である「ペンション山の上」に向かう途中、道路を闊歩するエゾシカの親子を発見。この地区ではこんなこと珍しくないようだ。その前に土産屋のユーカラで、「罷出没注意」と書かれたカウベルを買ったので、これからはこのカワベルを身につけて、散歩するかな。 ※2019‎/9/28 D3500 1/250 5.0 800 174mm相当 18-400mm ノートリ 手持ち

町道高原温泉線のシャトルバスが、大雪レイクサイトの停留所に向けて、大雪高原温泉を出発してまもなく、対向するバスに出くわした。ここでバスは立ち往生状態。そのとき、左前方にエゾシカを発見。窓越しなので、画質は悪いが、ここの素晴らしい紅葉と共に旅のいい思い出となった。 ※2019‎/9/29 D3500 1/125 6.3 200 450mm相当 18-400mm ノートリ 手持ち

キタキツネ

真駒内ガーベラ公園に至る坂道で、キタキツネに遭遇した。直ぐに走り去る、と思いきや、ジッとこちらを見つめながら、少しずつ、坂道を上り、建物のある方に行った。この間、およそ3分間。こんなに長い間のご対面は初めてであった。 ※2019‎/6/19 GX7MK3 1/320 4.1 800 693mm相当 ノートリ テレコン 手持ち

エゾリス

真駒内公園からガーベラ公園に向かう坂道に近づいたとき、木の上の方から何やら音がした。見ると、小さなエゾリスが木の皮を剥いでいた。 ※2019‎/6/16 GX7MK3 1/250 5.6 800 653mm相当 ノートリ テレコン 手持ち

こんなのがずっと続き、5~6分ほどで手一杯になった。 ※2019‎/6/16 GX7MK3 1/400 5.6 800 331mm相当 ノートリ テレコン 手持ち

そして、口に咥えたまま猛スピードで走って行った。行った先は近くの木らしいのだが、巣作りの材料集めかな。 ※2019‎/6/16 GX7MK3 1/400 5.6 800 993mm相当 トリミング テレコン 手持ち

エゾリス

そろそろ帰ろうと思い、西岡公園管理事務所に近づくと、写真を撮っている女性達がいた。何がいるか聞いて見ると、エゾリスが木の上で食事をしていると言う。この時は上手く撮れなかったが、このあと場所を移動してくれたお陰でものになった。 ※2019‎/4/19 D90 1/800 2.8 200 500mm相当 RAW 連写 トリミング 手持ち

今度は色とりどりの葉っぱが、たくさんある所で撮りたいものだ。 ※2019‎/4/19 D90 1/160 2.8 400 530mm相当 RAW 連写 トリミング 手持ち

エゾリス

真駒内公園は全体的に雪融けが、だいぶ進んでいた。それで、歩道から外れて見ると、走っているエゾリスを発見。急いでカメラを構えシャッターを切った。 ※2019‎/3/30 Z6 1/800 16 1250 328mm相当 RAW H連写 トリミング 手持ち

一度、木の所で立ち止まり、また走り出した。エゾリスはこれで3度目だが、ようやく、まともなのが撮れた。 ※2019‎/3/30 Z6 1/800 6.3 1250 200 306mm相当 RAW H連写 手持ち


札幌市円山動物園

動物園なら、確実に撮れるので、久し振りに円山動物園に行ってみた。冬は流石に歩いて行く元気がなく東西線円山公園駅からバスで行った

アムールトラ

「寒帯館」のアムールトラだが、檻の中をゆっくりと、威厳を持って闊歩していた。足下を見ると、正しく、ネコ科であることが分かる。
ここで、「今更、動物園でもないのですが‥」と言う名古屋から来た女性と二言三言話したが、このあと、スムーズに帰ることが出来たのだろうか。 ※2019‎/1/5撮影、DMC-GX7MK2、1/400 秒 f/5.6 200mm相当 ISO200
円山動物園での解説ページへ


シセンレッサーパンダ

以前、レッサーパンダを撮ったときは動きに負けて、良く撮れなかった。今回の機種はオートフォーカスの動作が機敏なので、捉えたかに見えたが、ピントが少し甘い。 ※2019‎/1/5撮影、DMC-GX7MK2、1/320 秒 f/7.1 200mm相当 ISO200
円山動物園での解説ページへ


ニホンザル

「続 ざんねんな いきもの辞典」によると、「ニホンザル界ででモテるには、整った顔などはまったく必要なく、顔やおしりがどれだけ赤いかが大切なのです。」とのこと。赤いのは元気な証拠。つまり生命力の証だからだ。そんなので赤い顔を探して写したつもりだが、果たしてどうかな? ※2019‎/1/5撮影、DMC-GX7MK2、1/320 秒 f/7.1 200mm相当 ISO200
円山動物園での解説ページへ


シロフクロウ

ここからは金網対策が必要だ。先ずレンズは開放にし、金網に出来るだけ近づいて撮った。フクロウの全身が入る程度(f/5.6 228mm相当)だと、右側に金網のボケたのが写った。 ※2019‎/1/5撮影、DMC-GX7MK2、1/400 秒 f/5.6 228mm相当 ISO200

しかし、望遠最大の600mm相当だと、金網の存在は分からない。 ※2019‎/1/5撮影、DMC-GX7MK2、1/640 秒 f/5.6 600mm相当 ISO200

円山動物園の説明によると、「メスはオスより黒ずんでいて、暗色の斑点があり、完全に白くなることはありません。」とあるから、これはメスかな。
円山動物園での解説ページへ


トビ

シロフクロウのお隣にトビが居た。檻のズッと上に止まっているので、見上げるようにしか撮れない。タカ科と言うだけあって精悍な顔立ちである。 ※2019‎/1/5撮影、DMC-GX7MK2、1/640 秒 f/5.4 528mm相当 ISO200
円山動物園での解説ページへ

トビのフリーフライト動画

約10年前に撮った動画だが、いまも、トビやフクロウでやっているようだ。今度はフクロウで撮ってみたい。

※札幌市円山動物園の野外ステージ 2008/11/12 Canon PowerShot A700

スポンサードリンク

関西の貸別荘 すずめのおやど

京都近郊の貸別荘すすめのおやど



小中時の同級生が経営




画像関係のページ



スポンサードリンク



真駒内公園のフクロウ

2019年1月19日

2019年1月16日

2018年3月14日





↑ トップ

 ホーム